06-6809-7625 info@legal001.com

おはようございます。
SBCパートナーズの司法書士の齊藤です。

前回、3つの種類(①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言)の遺言書があるとお伝えしました。 本日は①の自筆証書遺言について、メリット・デメリット、そしてふさわしい使い方をお伝えします。

①自筆証書遺言

自筆証書遺言は、遺言者が遺言内容全文をすべて自筆で書き、押印して作成する遺言です(※1)。
よくドラマとかで見かけるものはこの形だと思われます。

②公正証書遺言や③秘密証書遺言と違い、作成場所や証人を必要とせず、費用も一切かからず、 すぐに作成できることがメリットです。
また、自分の想いを自分の言葉のままで書くこともできます。

ただし、形式や内容に不備があると無効になることもあったり、
知らない間に第三者に見つかり、内容が書き換えられる恐れがあったり、
せっかく作成したのに、紛失や遺言が発見されない場合もあります。

また、開封する際には裁判所の検認手続きも必要です(※2)。

自筆証書遺言であれば、財産の分け方だけでなく、遺されるご家族に対しての感謝の言葉を書いたり、自分の人生の想いを綴ったり、あたたかみのある遺言書を作ることもできます。
亡くなった後に伝えられるからこそ、ご家族の方々にも響くものもあるかもしれません。
そして、その思いを引き継ごうと、相続が争族に発展することを防ぐ効果もあるかもしれませんね。

簡単に作成できますが、きちんと書き方などを知らないと
その想いをしっかり遺すことはできません。
費用をなるべく抑えて作成したいとなれば、弊社でもしっかり作成のサポートをさせていただきますのでお気軽にご相談くださいね。

※1 2020年4月以降、財産目録についてはワープロでの記述が可能になります。
※2 2020年4月以降、遺言を法務局で保管することが可能になるます。
   法務局で保管されたものについては検認は不要です。